本文へ移動

法人沿革Ⅰ

作業所の建設

知的障がいの子を持つ親たちの会「豊丘村手をつなぐ親の会」が「共同作業所」を作ろうと取り組みを始めたのは昭和60年であった。当時はまだ施設福祉に頼るしかなかった時代であった。親たちは村に共同作業所の開設を陳情した。障がいを持つわが子を隠さず、敢えて地域にこの子らの働ける場所を作ろうとする勇気と、耳慣れない「共同作業所」という言葉は瞬く間に村内に拡がった。
村では親たちの要望に応えて、村有地にあった遊休施設を改築し、県単「障害者老人等共同作業訓練事業」を取り入れ、手をつなぐ親の会に運営委託した。開所の運びになったのは昭和62年1月であった。親たちは村花と同じに愛され育んで頂くことを願って「こぶし園」と名付けた。開所に漕ぎつけたものの、仕事の確保指導員の確保運営資金など困難を極めた。しかし、わが子たちのためには前に進むしか道はなかった。

法人化をめざして

苦節十年、苦しくも何とか運営できるようになったとき、親たちは還暦が目前になっていた。「親亡き後はどうなる」「誰に委ねる」悩みは尽きない。行き着いた結論は、我々が出来るうちに「この地で安心して暮らせる」ようにすることであった。
法人化の研究、資金づくり、賛助金のお願い、想いのアピールなどを2年間、「通所授産施設」として再出発したのは平成10年4月であった。さらに歩みは続いた。

支援費制度から障がい者自立支援法の成立で事業拡大

平成15年国において「支援費制度」がスタートした。期を一にして信濃こぶし会も「居宅支援事業」の開設と「ケアホーム」の建設に着手した。
国において平成18年「障がい者自立支援法」が成立翌年から施行され環境は一変した。
契約により、親や我が子の願いや想いがサービスとして受け取れる時代となった。
親たちは「安心してくらせる地域をつくるために」サービス事業者としての道を選んだ。
利用者が多くなっていたこぶし園は就労支援B型と生活介護に、隣村喬木村の中古建物を購入して障がい児学童保育を児童ディサービスに、移動支援・行動援護を加えて居宅介護事業を拡充、ケアホーム3個を法施行と同時に新体系に移行して事業拡大してきた。

総合支援支援法のもとで

平成24年障害者自立支援法が改正され、障害者総合支援法となりました。
この障害者総合支援法のもとで現在
 ・就労支援B型事業所    こぶし園(30)
 ・生活介護事業所      第二こぶし園(30)、 ユアサポートぽっぽ(20)
 ・居宅介護事業所      ヘルパーステーション小川  すけっと
 ・グループホーム      ゆうハウスこぶし(7) さんらいず(7) いちょう(5)
(共同生活援助事業所)   小川ハイツ(5) はぴねす(4) パワーすぽっと(2)  
 ・放課後ディサービス    グース (10) アイビス(10) パドルダック (5)
 ・発達支援事業       パドルダック (5)
 ・短期入所(単独型)    ぐーすか家(3)
 ・相談支援事業       あのねっとこぶし
 
などの事業を通じて役職員一同が、『安心して暮らせる地域をつくるために』奔走しています。
昭和60年3月
豊丘村手をつなぐ親の会 就労施設学習会
昭和60年4月
豊丘村手をつなぐ親の会希望の旅 名古屋東山動物園へ 就労施設づくりの要望が出される
昭和60年12月豊丘村手をつなぐ親の会 村に共同作業所開設要望書提出
昭和61年3月共同作業所設置場所 旧豊丘村農協選果場の現在地に決まる
昭和61年7月親の会3役と村の理事者と共同作業所開設で協議 開設62年1月、名称「こぶし園」、運営親の会に委託とする
昭和61年11月旧選果場改修工事着手工事費230万円 12月完成
昭和62年1月こぶし園開所 利用登録11名、活性炭浸漬作業、ダンボール組み立て、天恵製菓菓子箱折
昭和63年3月 通所援護事業補助金交付申請提出
平成2年7月 工賃収入少なく園生工賃、指導員給与引き下げ
平成4年6月 佐々木健司副園長就任 農作業取り入れ
平成5年1月 椎茸栽培取り入れ 竹炭作業取り入れ
平成6年4月 佐々木副園長白樺の家施設長に転出 桜井辰郎副園長就任
平成6年9月法人化と通所授産施設学習会 講師佐久コスモスワークス 理事長木内正樹氏
平成7年1月 豊丘村に法人化通所授産施設建設協力を要請
平成7年7月 法人設立発起人発足
平成7年10月 村長 議会に1000万円補助を申し入れ
平成8年1月 発起人会賛助金募集を開始
平成8年3月 豊丘村1000万円補助を決定
平成8年12月 賛助金集計4,815,391円 こぶし園自己資産6,400,000円
平成9年1月 法人認可申請
平成9年7月 法人認可の内示
平成9年8月 法人認可される
平成9年8月 社会福祉法人信濃こぶし会第1回理事会 理事長片桐秀人氏、園長久保田悦男氏を選出
平成9年9月 法人登記
平成9年10月 園舎建設発注総事業費8744万円 内訳 国県補助5246万円 豊丘村補助1000万円 自己資産(賛助金を含む)2497万円
平成10年4月 通所授産施設「こぶし園」開園 こぶし園通所者保護者会発足 会長林 武司氏
平成10年11月
歌手川中美幸さん来園
平成11年5月 理事久保田悦男園長辞任、桜井辰郎氏園長に就任
平成12年1月 豊丘開発㈱所有土地建物300万円で購入
平成13年3月
桜井辰郎園長辞任、那須弘人氏園長就任
平成13年7月 田中康夫長野県知事来園 生活寮の補助を陳情
平成14年3月 保護者会拠出金残金1括納入を推進
平成14年6月 グループホーム建設決定 県補助を申請
平成14年10月 県と生活支援ワーカー設置を契約
平成14年11月 グループホーム着工 総事業費3550万円 県補助1390万円 借入金2160万円
平成15年4月 障害児学童保育開設 宝健荘(現生活支援センター)1000万円で買い取り 改修工事(喬木村)に着手
平成15年5月 グループホーム「ゆうハウス」竣工
平成15年6月 居宅支援事業「ヘルパーステーション小川」開設
平成15年8月生活支援ワーカー、障害児童保育を喬木村に移転 「飯伊知的障害者生活支援センター」として開所
平成15年10月 西駒郷地域移行で県の要請を受け第2グループホーム建設 総事業費3200万円 内県補助1800万円自己資金1400万円
平成16年4月清水基金で障害者デイサービス施設整備 総事業費1040万円 清水基金600万円 自己資産440万円
平成16年6月 グループホーム「さんらいず喬木」、デイサービスセンター「ぽっぽ」開所式
平成16年10月 県の要請により、生活支援事業を飯田市上郷に移転、「総合支援センター」として発足
平成17年4月 理事那須園長辞任、登内尚二氏園長就任 障害児学童保育、児童デイサービスに移行
平成17年11月 第3グループホーム建設着工 総事業費2940万円
平成18年4月 障害自立支援法施行 新事業体系移行を検討
平成18年5月グループホームいちょう開所
平成19年1月 第2こぶし園施設整備 総事業費8200万円 国県補助5200万円 自己資金2000万円 借入金1000万円
平成19年4月 ぽっぽ 生活介護自立訓練多機能型に移行
平成19年10月 第2こぶし園 新事業体系生活介護20人で事業開始
平成20年3月 第4グループホーム用土地建築購入
平成20年7月 旧選果場大規模改修着工 総事業費2000万円 補助金1800万円 自己資金200万円
平成21年4月 こぶし園新事業体系就労支援事業に移行
平成21年4月登内園長辞任 小椋吉範園長就任
平成21年4月グループホーム「小川ハイツ」開所 定員5名
平成21年8月福祉職処遇改善事業で改善計画作成
平成21年9月 基盤整備事業で支援センター1階(児童デイサービス)整備 1,100万円
平成22年3月短期入所(単独型)建設・開所 建設費420万円 日本財団補助金310万円 自己資金110万円
平成22年7月利用者(吉澤勝氏)行方不明事故発生
平成22年8月安全大会開催 講師 依田窪福祉会 村岡常務理事
平成22年11月第三者評価実施
平成23年1月行方不明利用者発見 葬儀
平成23年6月基盤整備事業で支援センター屋根・壁改修工事 650万円 補助金500万円 自己資金150万円
平成23年11月児童デイサービス「パドルダック」開所
平成24年3月こぶし園内部改修 工事費 自己資金420万円
平成24年4月法人本部設置 相談事業所開所
平成24年7月児童デイサービス「アイビス」開所
平成25年6月居宅介護事業「すけっと」開所
平成26年4月第5ケアホーム「はぴねす」開所 事業費 3,255万円
平成27年9月支援センター前庭整備 タナダ工業 事業費 418万円
平成28年3月多目的利用施設建設「ハートスペース小川」「パワーすぽっと」 事業費 2,354万円
平成29年4月
ユアサポートぽっぽ移転新築 総事業費15,547万円 補助金9,020万円、自己資金6,527万円
社会福祉法人信濃こぶし会
〒399-3202
長野県下伊那郡豊丘村大字神稲4026-1
TEL.0265-35-8511(法人本部)
FAX.0265-35-9016

・就労継続支援B型
・生活介護
・共同生活援助
・行動援護 居宅介護 移動支援
・短期入所
・放課後等デイサービス
・児童発達支援
・特定計画相談支援
・タイムケア
・日中一時支援

TOPへ戻る